忍者ブログ

カービィRPGの事とか.EXEアニメイテッドどきっ!

 リンク貼る時は「カービィRPG事とか」だけでいいよ

コンテンツ
・星のカービィRPGシリーズ

星のカービィRPG よみがえる伝説
…新たに練り直された(リメイクされた)星のカービィRPG ただいまα版のみ公開中

星のカービィRPGプロトタイプ版
…カニさん作のカービィRPGの原作

・攻略

プロトタイプ版のQ&A
…プロト版の攻略のヒント集

・交流

攻略掲示板

雑談掲示板

イラスト掲示板

・その他

イラスト

小説

リンク集

Powered by ついめ〜じ
Twitterやってます pixivもやってます
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ラグドール
性別:
男性
自己紹介:
リメイクカービィRPGとRPG2という作物をせっせと作る、カービィ農地の小作人。カービィ大好きなのはもちろんのころ、トランスフォーマーとアメコミと特撮モノ(平成ライダー)と少女漫画好きな、趣味の食い合せが悪すぎる腹痛モノな小作人だある。
最新記事
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新CM
[11/24 カービィ神]
[08/28 カニさん]
[08/24 アド]
[07/31 タクヤ]
[04/01 通りすがり]
QRコード
管理用
アクセス解析
RSS

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.05.23 (Tue)
Category[]

終わらないヴァケイション それが人生だ

ハッタリかまそう。
探し疲れるより、遊び疲れろ!



たまに夏ごろにもどんないかなー、とか思ったり。
永遠に夏なのがいいというワケでなく、あの楽しかった夏を
もう1回追体験してみたいな、的な。
・・・なーんて言ってちゃあダメっすよね。
『365日、楽しい気持ちを1ミリでも忘れなければ、
人生は終わらない夏休み』が座右の銘なんすから(
辛い時は、思い出を味方につけるクセをつけるといいですよ。



トゲゾー、最初は『暗殺者』って肩書きで、ちょっと前の記事でも
それっぽい趣旨を書いてましたが、なんだかんだで『ガンマン』風な
キャラになりそうです、ちょっと年取った感じの・・・。
同じく追加キャラのケケと対になるように、『大人の男性』的な
キャラにしようってことになったので・・・。
暗殺者だと、ちょっと僕の力量じゃあ年端行った男性に描くのは、
ちょいと難しいのです。
(一応、ギムとかカプセルJも大人の男性として描いているんですけどね。
年齢30歳ぐらいの、少しオジサンだなあ、ぐらいの。
ちなみに年齢云々言ってますが、これはあくまで
僕がカービィRPGのキャラのセリフを考える上での、
『精神年齢論』みたいなもんなので、実際のキャラ設定として
このキャラは実年齢は何歳・・・とかは全然考えてませんw
ケケとかメタナイトもウン百年生きているという設定はあるけど、
実際何歳だとか深くは追求してませんよね、カービィのストーリーとも
逸れそうな話になってきますし。
まあ、どうしても年齢が気になる人は、各自妄想で補完してね・・・
ってことで)


拍手レスは続きから。
>黒リンゴさん

クイズの答え・・・はずれですw
背景を要チェック!(
ノストラダムスも今となってはなつかしすぎますねえ・・・、
実はアレ、予言書なんかじゃなくてノストラダムスの日記(?)みたいな
ものを、後世の人が予言書みたくこじつけたのがオチなんですよね。
これってノストラダムスにもちょっと不名誉な話だなあ・・・、としみじみ。
まさに『世界滅ぶ滅ぶサギ』ですwやっぱり世界ってのはディケイドが
来ない限り破壊されませんね(

うーん、しかし黒リンゴさんのゲームはかなりげきムズそうですね;
ただ、げきムズっていうジャンルのゲームもあるべきだと思いますし、
謎解きも難しいほうがインパクトに残る+スッキリ!な効果があるって
ものです。
ただ、『理不尽すぎる』難しさは(僕もカービィRPGリメイクα
の難易度に、若干理不尽な部分があったので、ここは考えどころ)
どうかなー、って派ですかねー。
例えばゲーム内でかなり複雑な操作が要求されるのに、ノーヒントな
操作方法とか、あとは『わざと』説明を難しくしてしまうとか・・・、

それと『セーブできない』『メニュー画面が開けない』『アクティブ
バトルとか現在進行するイベントなどで「ポーズ」ができない』
『進め方によっては、完全に詰む』というのは、
個人的に禁じ手だと思ってますw
よく、セーブがほぼできないのも難易度だ、っていう
ゲームがたまにありますが、やっぱりプレイヤーのことも考えたら、
パッとはじめてパッとやめられる、が一番・・・だと思っていますので。
カービィRPGでもリメイク版は『セーブするとヤバくなる場所以外は、
どこでもセーブ』は信条です。
僕はいつも考えているのが、多くの学生ゲーマーがもっとも恐れる攻撃

お母さんの『ご飯よー!!』攻撃
(学生でもなくとも、社会人ゲーマーにも結婚している人がいたら、
相方の『ご飯できた♪』があるかもしれませんし、極端な話。
そんなの無視しちゃえ!と言っても、その場に立ちあうとなかなか
そうはいかないのが、人のサガ・・・。)

をされたとき、セーブがすぐできるかできないかで、
かなり安心感がちがいますからねw え?バトル中だったら結局セーブ
できんから、どうせ変わらないと?まあ、それを言われると身もフタも
ないかもしれませんが、少なくともダンジョンにいて、
教会が遠い上にリレミトもできんからどうにもならん状態は
回避できると思います、(最近のドラクエも、
なるべくそうならないよう配慮されてるっぽいですからね・・・)
どこでもセーブでなくとも、不思議なダンジョンみたいに
『中断』機能ぐらいはあると、プレイのしやすさちがうかなあと。
『メニュー開き封じ』とかを禁じ手にしているのも、そのへんが
理由です、あんまり操作をおかしな方向で制限すると、悪いストレスに
なりかねないですから・・・。

『ポーズ云々』に関しては、FFみたいなアクティブバトルのゲームで、
ポーズできない場合『トイレ』に困るからですw
携帯ゲーだったらそのままトイレにもちこんじゃってもいいんですが(

『詰み』は個人的に一番やったらイカンかなと。
これ、暴論と取られるかも知れませんが、僕は『詰み』を
もうこれ、バグの一種と定義しちゃってもいいんじゃないかなあ、
ってくらい禁じ手にしています。
今までこんなに頑張ってきたのに、ヘンなところで詰んだせいで
全てが水泡・・・最初からやり直しってのは、データ吹っ飛ぶのと
同意義ですし・・・。
いやでも、カタチとして残ってしまうぶん、消えるよりマズイかも。
しかも詰みってのはだいたいゲームの途中でおきますから、
うおおお、もうエンディング見れんのか・・・って感じで
プレイヤーのやる気はごっそり削がれてしまいます。
こりゃーあきらかに悪いストレスです。
サクサク進むアクションならまだいいんですが、RPGだと、
この『水泡』がプレイヤーに与えるダメージが大きいです、マジで。

結構有名ですが、カービィRPGにもプロト版にはちょっとした詰みが
あって・・・ちょっとこれは残念に思うので、リメイク版ではもちろん
直しポイントです。(あと、もし詰んじゃった場合にそなえて、
セーブデータの交換に応じますしね)

難易度について語りすぎてとんでもない長文になってしまいましたw
なんていうか黒リンゴさんが聞いてもいないこともヅラヅラ語ってて、
すみません・・・。(特に後半なんてほぼ自論の展開ですし。
後半の件ですが、難易度の話の副産物で語ったまでの話なんで、
黒リンゴさんのゲームがこうだ、というワケではありません)
どっちかというと難易度より『プレイのしやすさ云々』の話に
すりかわってしまっている気もしますしね;
制作がんばってください!

そういえば、シンボクってガリガリくんともコラボしてたんですねえ。
あのとき、電車も走っていたとか・・・。
電車見たかったなあ、あの時代にシンボクに手を出さなかった僕は、
少しもったいなかったです、エグゼとコラボしてたんだから、
食わず嫌いしなきゃあよかったと後悔、やっぱりゲームに限らないけど、
本とかも貪欲に色々なモノを読んでいったほうがいいかなー、と思う
今日この頃、あ、もちろん自分のおこづかいの範囲で。
(お金がないのに無理してその時に興味ないものを色々買うのは、
精神衛生上よくないですし; このへんのバランスも難しいよねぇ・・・)

拍手[0回]

PR
2009.12.27 (Sun)
Category[カービィRPG製作日誌]
Trackback(0)
Comment(1)

コメント

ゲームの制作論
ラグさん♪順調に進んでいるみたいですな♪
アノ場所がまったく別の場所になっているなんて思ってもみなかったですよ♪
他の人の楽しみのために、あえて伏せときますが♪
星のカービィRPGの初期版を作っているときには、後半の宇宙編では、なるべくいろんな作品からボスや舞台を引っ張ってこようと思って、当時は攻略本や辞典でしか存在を知らなかったHR-Hやピクスや鏡のボス達やマッドマンションをほぼイメージだけで起用してしました。
なので、いろいろと違和感があるかもしれませんが(笑)
脳内でうまく辻褄合わせができるといいなぁとか思っていますよ♪

ゲームについての理不尽さや、異常な難易度も一つの指針化とは思いますが、確かに行きすぎはよくないですな。
僕の作るゲームは、説明不足になりやすくなることも多く、(製作者側が想定していない部分で詰まったりするとか)プレイヤーにやさしくない部分も結構あったりします。
(一応最初の段階に一連の流れでこのゲームの基本の動きや情報を与えるよう努めてはいるが、それでも言葉足らずになってしまう部分もあるし)
わかりやすい説明の部分は特に精進はしたいものですが、なかなかうまく行きにくいところもありますなぁ。
セーブができないなどの制約を、ゲームを面白くする上での醍醐味として扱うのは僕もあまり好きではないですな。
(僕の作るゲームもセーブが一部不可な部分があるが、ラグさんがおっしゃるような詰み防ぎのためが多い)
RPGは考える時間が多いのに、そのデータを保持する手段が少ないと、非常に面倒である(DQ3のルーラ→ダーマ神殿レベルでも少々)と思うのです。
難易度については、少々難しく(でも突破口は作る)が自分の信条です。(笑)もっとも、中辛ゲーマーに近いので、周りのレベルと自分の一緒にしないようには努めてはいますが。製作者の独りよがりが一番制作に危険だとは思います。
まあ、ラグさんが指摘しているあの「詰み」の部分を意図的にやってしまった時点でアウトですが…(す、すいません、当時はホントに未熟でした。詰まって困った人たちには、本当に申し訳ありませんでした(汗))

とにかく、プレイヤーにやさしい説明と環境を心がけていきたいですな♪
(難易度だけは中辛が続きそうだが…)
っと、ついついゲームの制作論が熱く語っている様子だったので、割り込むような形で書き込んでしまいました。
リメイク制作の報告、ゆっくり見させてもらいますね♪
&こっちも負けないようなゲームを作らせてもらいまっす♪
(2000だけど…)
カニさん
編集
URL
2009.12.28 (Mon) 16:00:04
この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © ラグドール All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.